東京マラソン2021 振り返り

コロナ禍で開催された2022年3月6日の東京マラソン2021について、自分のレースを振り返ります。

レースが終わってから早いものでもうすぐ1ヶ月となります。開催判断が下されたときは、ぶっちゃけ「え、やるの!?」という感じでしたが、結果的に開催されて良かったと思っています。

新型コロナウイルスの影響で数多くのマラソン大会が中止や延期に追い込まれていた中で、国内最大のマラソン大会が市民ランナーも含めて開催されたことは、マラソン界にとって大きな前進だったことでしょう。

そんなレースに参加できたことは自分にとっても貴重でした。

では早速内容に入っていきたいと思いますが、まず始めに、東京マラソン2021ではコースが一部変更になっています。

確か工事の影響だったかと思いますが、レース序盤に通常飯田橋方面へ向かうところを直進して、上野方面に進むコースに変更されていました。

個人的には、このコース変更は良かったです。秋葉原から上野広小路手前の中央通りは直線で走りやすかったです。

当日のコンディションとスタート時の様子

天候は晴れ。朝の気温は5℃くらいだったと思います。寒の戻りで前日と比較してかなり寒いと言われていたため、気温は気になっていました。

レインコートを2枚ほど用意していましたが結果的に1枚で問題ありませんでした。ランナー受付の地点まで、京王新線の辺りの地下道を通って行って、ギリギリまで体を冷やさないようにしました。

ランナーエリアには、本当にゴミ箱はなし(^^;)事前に用意はしないと明言されていましたが、多少は用意されているかなと思っていましたが、本当に設置されていませんでした。

私はAブロックに8:40頃に整列しました。当然前の方ではありませんでしたが、サブ3後半でのゴールを目標とする自分には問題の無い位置にだったと思います。

号砲前に防寒用のレインコートやポンチョなどは回収されませんでした。私はスタート直後の沿道に待機してもらっていた身内にパスできたので特にストレスはありませんでした。

今までの東京マラソンでは、ランナーの待機エリア付近で給水給食を取りながらも、レース前の緊張と雰囲気を楽しむような感覚がありました。しかし、今回のコロナ対策をされた東京マラソンではそんな雰囲気は全くなし。ランナー受付で消毒、検温、持ち物チェックを受けたらそのままスタートエリアに直行するような感じでした。

号砲から10km

スタートは例年と逆方向です。今回で東京マラソン3回目となりますが、さほど違和感なく走れました。

歌舞伎町を通り過ぎ、4kmほどで高低差のある下り坂。序盤なので坂を下りきった後のペースコントロールは必要ですが、ここでしっかりと貯金を作っておきたいところ。

自分の場合は想定通りスピードに乗って走ることができました。下りのペースは3:35/kmほどだったかと思います。

その先、通常は飯田橋駅を右折する所を、もう少し先の水道橋駅東口を右折。神保町を経由して秋葉原、上野方面へ向かいます。

11km〜20km

秋葉原〜上野間の中央通りは直線でとても走りやすかった。風が強かった分ロスはありますが、こっちを通常コースにして欲しいくらいです。

その後、神田から日本橋を通って浅草方面へ向かいます。

ペースコントロールに気をつけながら軽快に走っていくと浅草の名所、雷門が見えてきます。この辺は風にの影響はそんなに受けませんでした。

雷門を折り返し。東京の観光名所です。2021年大会は応援自粛が呼びかけられていましたが、かなりの人がいました。観光客なのか応援客なのかは分かりません。

その雷門を左手に見ながら折り返していくと20km地点になります。

21kmから30km

この辺りまでは、フラットなコースが続き心拍数もいい具合に安定してくる頃合い。快調に飛ばして走れます。

この先、隅田川をわたり清澄、門仲方面へと進みます。川を渡る橋では多少アップダウンがあるものの、ビビる必要はなし。焦らずペースキープで行きます。

この辺はやや風が強くなりました。中間付近で精神的にもきつくなりがちです。風景を楽しみながら乗り切ります。冨岡八幡宮を折り返して再度隅田川を渡っていきます。この隅田川折り返しの坂が1番勾配があるような気がします。無理して足を使わないようにコントロールしました。

30kmからゴール

蔵前付近に戻ってくるといよいよ30km地点。練習不足のランナーさんとはこの辺で差がついてくるでしょう。自分は心拍系は大丈夫でしたが、脚に疲労を感じ始めていました。

この先は東京マラソンの醍醐味の一つ、銀座の街中を走れるのでそれを楽しみに頑張ります。私自身もこの辺でやや足がきつくなってきました。

36kmの増上寺付近で足がつる感じがありました。レース展開としては想定よりもややハイペースで走ってきたのでペースを落としてコントロール。痙攣の兆候は治りました。

次は田町での折り返し。例年は品川方面まで走るんですが、序盤のコース変更で今年は手前折り返しとなっていました。過去に東京マラソンを走っている自分としては精神的に助かりました。品川までの直線距離が少しきついんですよね。

ラスト3km地点で今度は逆の左足に痙攣の兆候が。さらにこの日1番の強風を感じながら進みます。目標タイムは問題なさそうなのでペースを落としつつ足を休めながら進みます。

あとは痙攣を起こさないように祈りなが気合いで走ります。痙攣の兆候が現れたら無理せずペースダウンすることが大事ですね。あと、できれば塩分と水分を摂取することです。

そして、なんとか自己ベスト更新タイムでゴールできました。

ゴール後のランナーの誘導

ゴール後は、もちろん例年のような盛り上がりはなく、手洗い場を通り過ぎてマスク着用、袋に入った参加賞を確実で受け取りそのまま帰宅です。

ランナーは基本的にそのまま駅へ向かわせるよう、地下鉄方面へ案内されましたが、この辺は結構緩くスタッフの目が届かないところでは、正規ルート外で帰って行くランナーもいました。

まとめ

総合的な感想として、気候的なコンディションは風が強くあまり走りやすくはなかったです。気温は暑すぎずよかったです。

運営に関しても、難しい状況の中でボランティアの皆さんがしっかりとサポートしてくれていた印象です。ボランティアの皆さんにはいつも感謝。

東京マラソンはやっぱり走っていて楽しいー!また、次回参加できる事を願いながら練習を続けていきたいと思います。

2018板橋シティマラソン大会レビュー

2018板橋シティマラソンゲート
2018板橋シティマラソンゲート

2018年は風が穏やかで走りやすいレース

板橋シティマラソンは強風で有名ですが、

今年は比較的穏やかだったのではないでしょうか。

昨年はサブ3を達成したものの風邪が強すぎて

終盤死ぬ思いでした。

今年は思ったほどの風はなくベストコンディションで臨んだら

自己ベスト狙えたでしょう。

エイドが充実?

なんか今年エイド充実してません?って走りながら思いました。

エイドには給水のみ頼る自分ですが、

今回はエネルギー補給も給食を頼ってみようと思い

しっかりとエイドを意識して走りました。

毎回こんな感じなんですかね?数も多かったように思えます。

少なくとも給水に関しては去年よりだいぶ充実した印象です。

去年はエイドの距離が短くて何度も取り損ねました。

食べ物も、バナナ、チョコパン、レーズン、プチおにぎりと

全エイドではないですが色々ありましたよ!

今後の改善点はあり

毎年のことですが序盤の混雑具合は相変わらずです。

私はCブロックスタートでしたが理想のペースに到達するまでに

結構かかりました。

号砲から1km目のペースが5:13/km、2km目のペースが4:29/kmでした。

その後6kmくらいまで同じくらいのペースで、

7kmくらいから4:15/kmくらいのペースまで上がってきました。

号砲から5kmくらいまではやはり混雑でペースを上げずらいことがわかります。

タイム設定して望んでるひとにとってはちょっとストレスですよね。

総評

改善点はあるものの安定した運営をされていると思います。

トイレの数が多く並んだ割にはスタートギリギリになるということも無し。

手荷物預かりもまぁまぁスムーズです。

メイン会場も飲食店は充実してますし、

メインスポンサーのタニタも無料の筋肉量測定なんかをやっていて

積極的に参加してた印象です。

 

板橋シティマラソン飲食店ブース
板橋シティマラソン飲食店ブース

ひとつ付け加えると参加賞がマジくそいまいちだったのでそれが一番残念です。

水色の腕に着けるアームポーチ?っていうのかな。

まだT-Shirtの方がいいよ。

フルマラソン後の過ごし方を考える

2017年3月19日に出走した板橋CITYマラソン後、思いのほかダメージが大きく中々練習が再開できていません。過去に出走したレースでは、レース後のダメージは感じていたものの数日で軽い練習は再開していました。しかしながら今回は無理に記録を狙いにいったことが仇となりました。ダメージがかなり大きかったようです。そこで、レース後の経過日数ごとにどのように過ごせばよいか考えてみました。あくまで私の場合です。

レース当日(レース後)の過ごし方

まずアミノバイタルプロとプロテイン₍あれば₎を飲みます。しっかりとストレッチを行い酷使した筋肉をほぐします。免疫力が低下しているはずなので早めにマスクを着用します。すぐに家やホテルに帰れるのであれば、足の付け根から下に冷水とお湯を交互に合計20回ほどかけて疲労を和らげます。←これはネットの記事で見て最近実践している方法なので効果の程はまだ分かりません。そして、夜ご飯はご褒美と称して焼肉を食べに行くことが多いです( *´艸`)栄養補給は大事。もちろんアルコールは抜き。美味しいお肉と一緒に達成感を味わいます。ご飯を食べながらレース内容の反省をし、次回更新するべく目標タイムを設定します。

※疲労回復のためクエン酸を積極的に摂取します。

レース1日後

完全オフで問題ないかと思います。とにかく体を休める。月曜日で仕事の場合はしれっと定時退社しちゃいましょう(´_ゝ`)どこか痛みが出ていないか確認します。レース直後はあまり感じなくても翌日に痛みがでてくることがあります。何もしないで放置すると引きずってその後の練習に影響します。痛みがあったら病院へ行く、湿布を張るなど早い段階で何かしら対処したした方が得策です。私は今回、なぜか右足甲の外側にかなり痛みがありました。病院に行く時間がないので湿布で対応。ちなみにモーラステープという湿布を使っています。

※疲労回復のためクエン酸を積極的に摂取します。また、オフでもストレッチは行ったほうが良いと思います。

レース2日後

できれば軽いジョグを6:00/kmペースで5kmほど行いたいところですが、コンディションと相談して疲労感が激しければオフにしても問題ないと思います。

※疲労回復のためクエン酸を積極的に摂取します。また、オフでもストレッチは行ったほうが良いと思います。

レース3日後

まだ疲労が残っているので軽いジョグで汗を流します。やはり6:00/kmくらいでよいと思います。距離は5kmから10kmくらいが良いと思います。

※疲労回復のためクエン酸を積極的に摂取します。

レース4日後

体全体の疲労感は大分取れてくるかと思いますが大腿四頭筋には筋肉痛がまだ残っていることがあります。無理のないペースで練習再開。筋肉疲労が取れない場合はまだジョグで流す程度でよいかもしれません。

レース5日後

筋肉の疲労感も大体収まってくる頃だと思います。4:30/km~5:00/kmくらいで10kmいきたいところです。今回私は5kmも走ると右足の痛みが強くなってくるので、まだジョグのみです。そのかわりジムで上半身の体幹トレーニングを再開しました。

 

大体5日も経過すれば概ね回復してくるのではないでしょうか。私はあいかわらず右足に痛みが残っているので無理せず軽いジョグを継続中です。市民ランナーはケガともうまく付き合っていかなければなりません。時間を見つけて病院に行ってきたいと思います。また、人によって回復のスピードも違ってくると思うので、自分に合ったレース後の過ごし方を模索してみてください!

大会レポート|板橋CITYマラソン2017

板橋CITYマラソン2017に参加しましたので大会レポートをします。項目に分けてそれぞれ★で5段階評価をしてみます。

会場アクセス★★★

最寄り駅は都営地下鉄三田線蓮根駅か埼京線浮間舟渡駅です。私は蓮根駅を利用しました。駅からは結構距離があります。とぼとぼ歩いてたら20分はかかりますが、1本道なので迷うことはありません。随所にスタッフが配置されていることは評価できます。

手荷物預り★★★

参加人数に対して預かり場所が小さいので行列ができます。少しづつですが立ち止まることはなく前に動いてるのでストレスはそんなにありませんでした。スタッフはナンバーカードと荷物札のチェックだけで自分で指定されたブロックに荷物を置きます。ランナーしか入れないようになっていますがセキュリティ面や取り違えが起きないか少々不安です。

トイレ★★★★★

土手から見渡すとかなりの数の仮設トイレが見えました。近くへ行くと行列は作っていましたがスタートに間に合わなくなるということはなさそうです。

土手からの風景

コース★★★

ほばフラットなコースの往復です。多少アスファルトが痛んでる場所もありますが比較的走り易いコースだと思います。ただ幅が狭い箇所が数カ所あり、後方のブロックのランナーさんは渋滞ができるとおもいます。自己ベストを狙う場合、風が強く吹くので自分レース展開をしっかりと見極めることがポイントになります。序盤突っ込みすぎると後半で痛い目にあいます。

エイド★★★

エイドの数は適度にあったかと思います。ただ、給水の距離が短く2回ほど取り損ねました。ドリンクを取ろうとしているランナーを抜いて前方のドリンクを取ろうとしたとき通り過ぎてしまいました。

フィニッシュ後★★

ナンバーカードと一緒に送られてくるTシャツのみです。フィニッシュ後には紙コップのドリンクとシャーベットが配られます。規模が大きめの大会なのでもう少しタオル位は欲しいですよね。パン屋さんのブースで完走メダルドーナツが売っていたので思わず買ってしまいました。これをフィニッシュ後のランナーに配布して板橋CITY マラソンの名物にしたらいいんじゃないでしょうか(笑)

シャーベット

完走ドーナツメダル

メイン会場★★★★

会場を囲むようにブースが色々でてました。物販ブースは少なめ、飲食ブースは比較的多いと思います。タニタCAFEのテントがど真ん中にありステージが見ずらかったです。エリアが広いのでシートをひいてご飯を食べることができます。埼京線と東北新幹線の往来が見えるので電車好きのお子さんがいる家庭には良いですね。ただ砂ぼこりが舞っていたので水撒きをもっとこまめに行って欲しかったです。エリアが広いので物販ブースをもっと充実させたらランナーもより楽しめると思います。飲食ブースはカレー、ラーメン、たこ焼きおでんなど屋台的な食べ物は色々揃っていました。

メインステージ

タニタカフェ

レポートはこんな感じです。来年もタイミングがあれば参加したいと思います。

 

板橋CITYマラソン2017無事完走!

本日、板橋CITYマラソン2017に出走して無事完走しました。目標にしてたサブ3もギリギリ達成できて結果的には良かったです。

ただ課題の残るレースとなりました終盤35km付近から足がついてこなくなり失速。というのも風にかなりやられてしまったわけです。20km付近の折り返しからは風が強くなることは予想していました。そして案の定、風の影響でかなり体力を消耗し30km以降からは相当苦しいレース展開となってしまいました。今後は風に負けない足作りも必要ですね。

ところで、自分の目標を掲げてマラソンを完走するにはメンタルも重要なファクターだと思います。最後1kmくらいでサブ3ギリギリの自分。限界の足と焦る気持ちを落ち着かせながら走っていると、沿道の方から「サブ3行ける!頑張れ!」の声。本当に励みになりました。どこぞやのお姉さまありがとうございます(^^)あなた様のおかげでなんとか目標を達成できました。

ということで今回は感想のみですが、そのうち大会のレビューも行いたいと思います!

本調子じゃなく迎えた、板橋CITYマラソン2017

今日は板橋CITYマラソンの当日です!

直前で膝、足の甲、足の付け根が痛くなったり、

お腹を下したり過去最悪のコンディションです(^^)/

自己ベストを更新が目標ですが、こんなときこそ初心忘るべからず。

とにかく楽しんで参加したいと思います。

天気は良いですが気温が上がりそうなのでエイドでこまめに給水が必要ですね。

では、参加者みなさんの健闘を祈ります!

草加松原太鼓橋ロードレースに出走した感想

本日2017/3/12は草加松原太鼓橋ロードレースでした。10kmコースの松並木の部で出走しました。これが一番長い距離です。参加してみた雰囲気とか感想を残しておきたいと思います。

朝は8:15分から開会式です。その時間にはメイン会場には多くの人が集まっていました。手荷物預かりは体育館です。物販ブースは草加せんべいの販売、スポーツマリオのアウトレットなど全部で5カ所くらいありました。トイレは仮設で横目で見た感じ6個くらいあったかと思います。案の定並んでいました。スタート地点の整列場所付近で自由にアップができます。私は8:30くらいにアップに出ましたが、本気度の高そうな人達しかアップをしていませんでした。

メイン会場入り口(草加小学校)

8:45分になると整列です。Aブロックは40分以内、Bブロックは40分以上~50分未満、Cブロックは50分以上60分未満、Dブロックは60分以上というブロックに分かれてします。本来は申し込み時の申告タイム別に並ぶべきなんでしょうが、非常にゆる~い整列で申告タイムは関係ないような感じでした。ちなみに出走者数は2000人ちょいだったかと思います。

9:00になるとスタートです。スタート地点には沿道の声援が多くいますが、松並木に出てからはまばらです。コースは綾瀬川沿いを走っていくことになりますが、石畳のコースが地味に走りにくいです。石畳の横に土の部分もあったのでそっちを走っているひとも多くいらっしゃいました。少しはしると階段のアップダウンが2回ほどありました。あの階段は、練習不足の人はきっとつらいと思います。途中グラウンドのような場所を通り折り返して大体同じ道を戻ってきます。帰りの階段は結構きつかたったです。エイドは3カ所?くらいだったかと思います。草加市地元の大会ということで陸上部らしき中学生が多く走っていました。

私は39分くらいでフィニッシュしました。フィニッシュ地点で計測チップを回収してから参加賞の草加せんべいとポカリを受け取り終了です。1つの教室でカラダファクトリーが15分の無料整体体験をやっていたので受けてみました。見事に骨盤が歪んでいるということでボキボキやっていただき歪みを矯正していただきました。

全体的な雰囲気は、地元が頑張って運営している感じが出ていてアットホーム。仮装の部に力が入っているようで、表彰式ではそっちの方が盛り上がっていました。コースは決して走りやすいものではありませんが、川沿いの松並木は気持ちよく走れます。ただし記録を狙って頑張りすぎると結構きつい思いをすると思います。ゆる~く気軽に参加できる大会としてはおすすめできます。

草加のゆるきゃら パリポリ君

板橋CITYマラソンのナンバーカードが届きました

板橋CITYマラソン2017は2017年3月19日に東京都板橋区で開催されるマラソン大会です。板橋CITYといっても荒川沿いを河口に向かって走り荒川大橋(スカイツリー周辺)で折り返して戻ってくるコースなので、北区や足立区、折り返し地点ではや江戸川区も通ります。川沿いと言うこともありCITY 感はありません。

封筒の中身をチェック!

封筒はこんな感じ。

板橋CITYマラソの 封筒

中を開けてみましょう。わくわく。

これは初めてのパターンです。封筒に参加賞のTシャツが入っていました。ローカルのレースだと普通なのでしょうか?

板橋CITYマラソン2017のTシャツ

ナンバーカードには地元企業のタニタの名前が堂々表記されています。さらにタニタのロゴ入りストラップやパンフレット。全面的にタニタが協賛しているのがわかります。

ナンバーカードやパンフレット

金沢マラソンのパンフレットも入っています。提携大会ということなのでしょうか。いつか参加してみたいですね!

金沢マラソンのパフレット

レースのポイントは?

さて、レースまであと2週間を切りました。荒川沿いは運が悪いと当日強風が吹きます。

というのも、先日シミュレーションで30kmほどコースを走ってきましたが、折り返し地点から強風により疾走しました。さらに足への負担が大きいからかランナー膝も発症しました。当日は前半つっこみ過ぎず、後半30km地点までしっかりと余力を残しておいた方がよさそうです。

そして、大きな荒川沿いなので周囲が開けています。普段街中で練習している場合は、景色が移り替わるスピードがいつもと違い、自分のペースがつかみずらいと思います。あまり遠くの景色を見すぎないようにした方がよさそうです。GPSウォッチを持っている場合は、ペースをこまめにチェックするよう心掛けた方がよさそうです。

とにかく風が少ないことを祈りましょう。

 

 

さいたま国際マラソンの記録証が再発行されたよ

郵便受けをみたら大き目の封筒が入っていたので、

板橋Cityマラソン(2017年3月19日)のナンバーカードが届いたかと思ったら

おや?さいたま国際マラソンの封筒。

昨年2016年11月13日に開催された大会で、

自分としても自己ベスト(人生で2回目のフルですが・・・)を

出せた大会です。

封筒をよくみると、

さいたま国際マラソン封筒

再発行の文字が。

もしかして計測記録に間違いが((;゚Д゚)

恐る恐る開封して中を見てみると

日本陸連のシンボルマークの年号が間違っていたそうです。

記録証再発行
一番左のマークの年号が違う・・・

こんなことあるんだと思いながらも、私も仕事で印刷物を扱うことが

よくあるので校正の大切さを改めて感じました。

 

 

草加松原太鼓橋ロードレースのナンバーカードが届きました

草加松原太鼓橋ロードレースは2017年3月12日で6回目を迎える大会だそうです。実は今回エントリーでちょっとした失敗をしました。

エントリー期間は種目別に確認しよう

当初は甥っ子と親子の部(1km)に出る前提で、親子が終わってからそのあとスタートの松並木の部(10km)に出走しようしていました。とりあえず先に松並木の部にエントリーしました。そのあとすぐに親子の部にエントリーしようとしたんですが。。

 

エントリー期間が既に終了していました。。1つの大会でも種目によってエントリー期間が違うこともあるらしいです。複数種目ある大会でどれにでようか迷っている場合は、種目別にエントリー期間を確認しておいたほうがよさそうです。

 

封筒の中身をチェック!

草加松原太鼓橋ロードレースの封筒

これが中身全体です。

 

 

草加を前面にアピールしています。ナンバーカードを確認すると右上に草加せんべいが印刷されています。そして松尾芭蕉のバックに松並木の風景をあしらったクリアファイル(中にはA4パンフが入っています)。

ナンバーカードの右上に草加せんべい

そして萌え萌え燃え燃えへ・・・

燃え燃えです。当日はこれを飲んでがんばりましょう。

燃え燃え